無審査でゴールドカード

2007年10月22日

「お姉系」(1)

タクシーは当然いろんな人が乗る、慣れてくれば走っていて{この人は

乗りたいな}とピンと来る。モット慣れて来ると{これは危ないな出来

ればやめよう}とかである。しかし乗せてから{あっしまった}と思う

のが「お姉系」であるニューハーフは女性の姿で手を上げる姿が男前な

のでこれはわかる。しかし「お姉系」は格好が男なので乗せてからわか

る、この系統人達は、自分はクリエーターで自分は頭が良いと思ってい

る(周りは馬鹿で自分の才能は解リっこ無い的な)又神経質ですぐ「タ

バコ臭いわー」と窓を全開にするし。早口の傾向が有るので聞き取り難

くて聞きなおすと「えっ、聞こえないんですか・・・」とか。道の確認

などしようものなら「さっき言ったでしょ!一体私を何処に連れて行く

つもりなの」などと総ての物言いが鬱陶しい。(何処の何様なんだオメ

ーなんか何処にも連れて行きゃしねーょ)

又マイルールを追加した「姉系乗せるな」である!

全く胸糞悪い・・・・・


posted by ギガボー at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

ナニッ・・・・・

これで2回目だ杉並区と練馬区の境辺り、今日は夜10時頃雨が降ってい

て薄暗い路地からヌゥっと赤い傘が出てきたので止まって注目をしてい

ると、薄ら寒いこの季節に黄色い短パン緑のTシャツ50歳くらいで頭が

しっかり禿げ上がっている。そして、一番違和感があるのがTシャツの

上にブラジャー(ナニッ・・・ブラジャー?しかも笑いながら手を振っ

ている、なんだ?!)しかしあまりビックリはしなかった。それは、こ

んな状況は去年もあったちょうど夏も終わりかけの暑い夜Tシャツの色

は違うが(確かピンクだった)ちょうどこの近くに客を降ろし同じよう

な道を通って帰ろうとしたとき出くわした。(おのおっさん、ずうっと

あの格好なのか?)と考えていたら、すぅっと私の横を通りなにやらう

れしそうに笑いながら運転席のガラスを「コン」と叩いていってしまっ

た。あれは何だったんでしょうか?誰か正体を教えてくださいお願いし

ます。
posted by ギガボー at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

ヤレヤレ

先日、高円寺で客を降ろし出ようかと思ったが、タクシーのヨセバを見

ると一台も居ないので久しぶりに停めて休憩をかねて客を待つ事にし

た、駅前には噴水があり、その周りにロッカー風の若い人たちがビール

を飲みながら騒いでいたのでボーっと見ていたすると騒ぎが大きくなっ

ていき、とうとうモヒカンのお兄ちゃんが丸裸になり噴水に飛び込もう

としたが膝にも届かないほど水が浅くて格好がつかない様子だ。そこに

助けようと手を差し伸べた女の子をふざけて引っ張り込んでを水の中に

叩き込んでしまった、女の子を泣きながら男に向かっていこうとし時、

客が声をかけて来たので後ろ髪を引かれながら高円寺を出た(もっと見

たかったなー)しかし、夏も終わりに丸裸?元気いーねー!でもあんま

り粗末なものを出すなよ・・・ヤレヤレ
posted by ギガボー at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

ボコボコ(1)

朝方4時頃中央線の駅近くで客を降ろし。引き返そうとした時。女性が

手を上げているので寄っていくと、その後ろで何やら喧嘩をしている様

子だ(っと言うよりサラリーマン風のお兄ちゃんが一方的にボコボコに

されている感じだ)客を乗せながら「何やら騒がしいですね大丈夫です

か?」と声をかけると「うん、あの人うちの客なんですけど酔っ払うと

喧嘩を売ってボコボコにされちゃうんですよ」成る程と思いながら「あ

ぁそうですかそう言う人っているんですよね」すると「この前も目に青

タン創って飲みに着てたんですよ」(なーんだ、ただのお馬鹿さんね)

「はぁ、懲り無い奴って居るんですねー」とにかくこの商売こんな悲

劇?(喜劇)を見る事が多いんですよねー!
posted by ギガボー at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

ボコボコ。また?(2)

先回と同じく、朝方だが客を乗せて西武線の埼玉の駅に向かっている時

普段は寂しくて、昼間でも渋滞なんかしない道が急に渋滞?(工事か

かったるいなー)しかし、客は酔っ払って寝ているので(まぁ良いか)

と思いゆっくり進んで行くと、前の車が何かを避けようとしながら急に

止まったと思ったら急いだ様子で過ぎていった(なんだ、様子がオカシ

イゾ)窓を開けて顔を出すと、女の人の鳴き声と言うか叫び声と言うか

が聞こえる(はぁ、何だ?)ドアの開きっぱなしに成っている一台前の

車越しにタクシーが道の真ん中に止まっているのが見える良く見ると運

転手がチャライ格好のお兄ちゃんにネックハンギングのようなっ格好で

つるし上げられてるそれを止めようとしたお姉ちゃんを払いのけられ。

その上、足で蹴り飛ばす。その横で1台前の車のお兄ちゃんだか何かが

携帯電話で何やら一生懸命に話している(はーん状況を一応把握できた

のでどうしようかな?っと思っていると)「何か有ったの運転手さん」

と客が目を覚ました「いや、事故みたいですよ」すると「あっそう」と

又眠りそうになったので(面倒になっちゃやだな)と思い何とか迂回し

騒がしい現場を跡にした。しかし、後は一体どうなったんだ・・・・?
posted by ギガボー at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

「ヘンシンいやヘンタイだ」

歌舞伎町から乗った中年の客で、中目黒のマンションの前で「30分位待

って」と言って1万円置いてさっさと降りていった。しかし、30分待っ

ても出てこないので。1万円を越さなようにあと10分くらい待とうかと

思っているとマンションのほうからハイヒールの大きな音がしてきたバ

ックミラー越しに姿を確認すると結構大きな女だ、その女がこっちに向

かってやってくる(ちょっと蟹股で違和感がある)「あれ?」っと思っ

ていると「すみませーん」と後ろの窓を叩く「へぇ、何ですか?すみま

せんがお客サンを待っているんで」と言いかけると「アタシよ待っても

らったのはアタシ」(何だ?ちょっと暗くてはっきりしないし髪型はカ

ツラをつけているのか?とにかく解らない言うか、理解できなかったが

頭の中で「ヘンシンいやヘンタイだ」とつぶやき)急いでドアを開けた

が元中年さんは怒ったように「何で開けないのよ」と言ったが「あんま

り変わったんで解りませんよお客さんヘンシンは反則ですよ」(ヘンタ

イは犯罪だ)と答えると少し嬉しそうに「ソォ、解らなかった」と言う

と又歌舞伎町に戻っていった。本当に勝手にヘンシンしてんじゃねーよ

ヘンタイ野郎!
posted by ギガボー at 10:40| Comment(1) | TrackBack(0) | お馬鹿大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

お粗末5人衆

イヤー、寒くなってきましたねー。私は車の中なので一向に構わないん

ですが、やっぱり見ているだけで寒くていやなものって有りますよ。昨

夜の事ですが高円寺で客を降ろしまして以前と同じようなスチエーショ

ンで一台も停まっていないんで又停まってましたらね男女12人くらいの

ロッカーが大騒ぎしながら遣ってきたかと思ったら男の子達が奇声を上

げながら次々と素っ裸になって噴水に飛び込んでいくんですよ5分ぐら

いすると誰かが通報したんだろうねパトカーが遣ってきて「服を着ろ」

ってひと悶着でも一向に捕まえようとしないんだ。だから御兄ちゃん達

調子にのちゃってますます大騒ぎと思ったらパトカーがあと2台来てお

粗末なものを見せていた5人の御兄ちゃんたちをさっと乗せていちゃっ

た(あーらぁらきッとあの御兄ちゃんたち今夜寒い思いをしてきっちり

後悔するんだろうなー。なんてね!)
posted by ギガボー at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

ビバ!サンバ!

青物横丁と言う駅をご存知?先日そこを通りがかった処金髪のお姉さん

が3人出てきた、良く見ると駅のすぐ脇にサンバパブの看板があり「あ

そこのお姉ちゃんか?」などと見ていると1人のお姉さんが手を上げて

走ってくるので乗せるといきなり携帯を私に渡す何か話しているので

「ハイ」と答えると「運転手さん武蔵小山の駅まで」と男の声がする、

行き先を確認して武蔵小山に向って暫くすると後ろから私の肩を叩く横

目で見ると食い物の入っているパックを差出し、タドタドしい日本語で

「コレタベル」と言ってきた、運転中なの「No thank you.」と答えた

が通じ無いようだ。ちょっとスネた声で「コレタベル、ブラジルミナタ

ベル」(うーん困ったな)と思っているうちに武蔵小山の駅が近くなっ

てきたので「Station」と指を刺すと又携帯を私に渡してくるので聞く

と「駅のロータリーに居てくれ」との事3〜4分位待つと男が現れて金を

払ったのでドアを閉めようとすると又「コレタベル」とパックを差し出

す。私は男に向かって「さっきから結構ですって言ってるんですがね」

というと何やらお姉チャンと話して「こいつ、運手主さんが気にいった

んで是非食べて欲しいんだって手作りですってよ」といわれ(参ったな

ー)と思いながら「ハイ、じゃあお嬢さんにありがとう頂きますって言

ってください」と言うと又ゴソゴソ話したらお姉チャンは嬉しそうに手

を振って小走りに行ってしまった?(あぁー、こんなおっさんのナニが

気にいったんだ。ビバ、サンバは)
posted by ギガボー at 04:43| Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

えっ!渡来。

若いお兄ちゃんが車の前に飛び出してきたのでビックリして停まると

「ドアを開け手くれ」と言ってきた。(何だお前)と思いながらドアを

開けるとお兄ちゃんは後ろを向いて手招きをしているすると建物の影か

ら学生服のお嬢ちゃんが走ってくる。お嬢ちゃんとおにいちゃんを乗せ

行き先を聞くと「荻窪」と言うといきなりべったり寄り添ってお嬢ちゃ

んが「ねぇーOO君、本当にダンスのレッスン終わるまで待っててくれ

るの」だるそうな声でお兄ちゃんは「うん、スッロトルしてる、でもお

前ダンスいつまでやんの?」すると「辞めないよ、アタシ学校卒業した

らアメリカに渡来して向こうでダンスやんだ」「えっ!渡来スンのかよ

お前すんげーなー」(おい、「渡米だよ!」普通ーに会話してんじゃね

ーの)そんな事を考えていると「すみません運転手さんそこで良いで

す」と阿佐ヶ谷の手前で降りていった。しかし、最近きちんと日本語の

出来る子供が少ないねー。先日も下井草(シモイグサ)を(シタイソ

ウ)と言い張るお嬢さんがいらっしゃった!お願いだからもう少し国語

をお勉強しようよ。
posted by ギガボー at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

わかってんのかよ!

昨日、同僚が強盗にあった、未遂だったので金を取られる事も怪我も無

く終わった「目出たし、目出たし」・・・じゃねーよ。

年末が近付くとタクシー相手に金にしようとやれ「ドアがぶつかった」

だの「急ブレーキで骨が折れた」だの急に飛び出して怪我をしたとクズ

どもがやってくる、挙句の果てに強盗までやりやがる。

一方TVでは、今回のタクシー料金の値上げで難しそうな顔をして「ナ

ビを操作しているうちに料金が上がった」と訳の分からない嘘をいった

り「サービスの差別化をはかれ」と取りあえず知ったような事を抜かし

やがる。

「わかってんのかよ!」

全く嫌に成る!俺達はな体張って命かけるほど給料をもらってねーんだ

「ナビの操作でメーターが上がるだぁー?一体何時間操作したってんだ

嘘つくな!」「サービスの差別化だぁー。差別化したらあんた毎日同じ

車乗るのか?」「料金が高いだぁー50円もったいなけりゃ歩け」「や

れ急げだの、5人乗せろだの、勝手な事言いやがって捕まったらあんた

が責任取るの?1000万も払ったら幾らでも遣ってやるって言うの」

「客だから何遣っても良いってもんじゃ無いんじゃない?だいたい金銭

にしろ品格や知性が豊かな人のほうが問題が無いんだよなー。逆に言う

と知性、金銭、品格の貧しい人ほど問題ばっかり起こす。もっと豊かに

なろうよ、きっと肩の力が抜けて穏やかな気分になると思うんだけどな

ーなんちって」
posted by ギガボー at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

「ヤッタネ!」

タクシーのお客さんの中に救急車を呼ばずにタクシーで行く人が多い

その一因に、救急車の一部有料化や「自分の掛かり付けが安心だから」

等だごく稀に本当の緊急がある、つい先日夜中におじさん飛び出してく

るので停まったら「家に来てくれ」と意味不明な事を言いながら車に乗

り込んでくるので、指示どおりとんでもなく細い道を入るとおばさんに

抱えられた女の人が出てきた「OO病院までお願いします}と言う。

運転しながら後ろから苦しそうな息遣いが聞こえてくるので気が気じゃ

なくて「大丈夫ですか?もう少しですよ」と思わず声を掛ける。(こん

な時なんで「タクシーにサイレンが無いんだ」とつくづく思う、スペイ

ンのタクシーは急病人を搬送するとき窓に白いハンカチをかけて交差点

では短く5回クラクションを鳴らすと緊急の合図で通過できる事に成っ

ている)無事病院に着き搬入を手伝って、お客さんが何とかひと段落で

料金の支払いを済ますときに「本当に助かりましたありがとう」なんて

言われでもしたら思わず「ヤッタネ!」って嬉しくなっちゃうもんだ。

posted by ギガボー at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

FBI

中野郵便局前から乗り込んできたおっさんだ「赤坂法曹会館」といった

かと思うといきなり携帯電話で話し出すと「これからFBIと会いに行

くから・・・」と、さも私に聞こえるような大声で話し出す。

面倒くさいので聞こえない振りをしていると「私は、小説家でねこれか

らFBIと打ち合わせに行くんだ」などと話しかけてきたがどう対応し

ようか考えていると「君、極真カラテを知っているか?」と話が切り替

わったので一応「ハイ」と返事をすると「私は極真の最高顧問なんだ」

と言ってくる(妄想か?面倒くさいなー)と考えていると「君をFBI

に紹介するから住所を教えてくれないか?」といよいよ雲行きのおかし

な事になってきたので「先生私はただの運転手で十分ですから」と答え

ると「何だ君FBIの仕事だったら40万や50万位稼げるのにいらん

のか?」と言ってきたので「申し訳有りません私にはちょっとそれにア

メリカの連邦警察の仕事なんて創造がつきませんし」と答えると「FB

Iは秘密警察だぞ」と返してきた(おいおいそれはCIAだよこのオヤ

ジしらねーんじゃねーの、しかし取りあえず事を穏便にしておかなくち

ゃいけないのが運転手のつらいところどんな馬鹿でもどんな嫌な奴でも

客は客あー鬱陶しー)「あっ、そうでしたか済みません、先生こんな調

子ですから私には無理です」と話を濁すと「仕方ないな」とおとなしく

降りていった。しかしFBIだ極真カラテだとありったけの妄想で生き

ていくのって幸せなジーサンだこと。
posted by ギガボー at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

ボコボコ3

先日の休みに知り合いの中華店で食事をしていると、店を出て行った近

くの焼き鳥屋の兄ちゃんが大声を出して何やら騒いでいるので窓越しに

外を見ていると「誠意を見せろ」とか「こら事務所で話をつけようか」

とか調子に乗っているのか威勢の良い事を言っている、すると相手もお

となしく無い様でいきなり頭突きと思ったらそこから殴る蹴るのボコボ

コだシュートキックを入れるのを最後に行ってしまった。様子を見に行

った中華店のママと一緒にクスンクスン鳴きながら焼き鳥屋のお兄ちゃ

んが入ってきたのでマスターが「ケイサツヨボー」と言うと「大丈夫」

とさっきまでの元気など全く無くとぼとぼ出て行った。(私的には、普

段態度から勘違いがちの焼き鳥屋のお兄ちゃんには良い薬だと思う)特

にこの時期は酒が入るのでご注意下さいねミナサン
posted by ギガボー at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

速報 サンタさん大変!

12月25日早朝3時20分頃、新宿3丁目マルイ前でトナカイさんと

ミニスカのサンタさんが路上で泥酔して寝ている所を数人のサンタさん

トナカイさん達に発見され救急車によって搬送されて行きました。

また、中野サブナード入口付近で、酒盛りをしていたサンタさん達は警

察の注意を聞かず焚き火を始めてしまったので警察に補導されてしまい

ました。

一方環状7号の方南町付近で停車中のタクシーにわき見(メールをして

いた)運転で自転車で追突して行ったトナカイさんは校正病院に運ばれ

ていきました。(全く迷惑な奴等ですねぇ)このように近年サンタさん

トナカイさんたちの非行が目立ってきていますのでご注意下さい。
posted by ギガボー at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

鉛筆

いかにもって感じの若い2人を早稲田から乗せてしばらく走っていと、

車内の広告を見て。 A君「ダイヤか・・・知ってるかダイヤってさ、

何とかって言う鉛筆と同じ材料で出来ていてるんだってさ」B君「マジ

ッスカ?鉛筆からダイヤって出来てるんっスカ」(ナイナイどんな鉛筆

だよ鉛筆は鉛と木で出来てんの)A君「鉛筆からじゃねーよ、良くしら

ねーけど何とかだよ」(炭素だよ!)B君「それ、俺たちチョーリッチ

に成るジャナイすか」するとA君ちょっと得意げに「その何とかをチョ

ー高温で熱したら出来るらしいぜ」(それなくなっちゃいますから)突

然B君が「それヤバイッスョ、運転手さん聞いてたっしょ」(私は素っ

頓狂な声で)「はぁっ、何ですか」と答えるとB君「マッ、イーカそこ

で停めて」超リッチな気持ちで彼らは渋谷で降りました、ちなみにトン

ボ鉛筆は、もれなくドラックが当たるそうです!(ウッソー・ごめん)
posted by ギガボー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

お婆ちゃんか危篤なの・・・

六本木で客を降ろして走り出そうとした所に左後ろ窓をの元気良く叩く

奴がいる(私は、窓を叩かれるのがだいっ嫌いだ)無視をして行こうと

思った丁度信号が赤になってしまい仕方なく乗せると(あっ、しまった

ーオカマだ)思っても遅い「運転手さん新宿まで急いで」(おい、お決

まりの急いでかよ)と思いながら「ハイ」しかし少し様子がオカシイの

で「どうかしたんですか」と聞くと「お婆ちゃんが危篤なの」と答えて

きたので「そりゃ大変だ急ぎますね」と答え終わる間も無く「っと言う

つもりでガンバッテネ」私は面をくらいながら「はぁ?」っと声を上げ

ると「だから、お婆ちゃんが危篤・・っというつもりでいそいでちょう

だいネ」(うぁ、しまった遣られた)もう腹も立たない「ハイじゃあお

婆ちゃんが危篤と言うつもりで急ぎますね」メタボおじさんは軽く1本

取られましたトホホ・・・
posted by ギガボー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

3人のおじさん大冒険

日本橋の三越の外れから乗ってきた50歳後半〜60歳位の3人のおじさん

達、いきなり「メイド喫茶に連れて行ってくれ。」私は、「はぁ?メイ

ド・・喫茶ですか?」すると「そう、メイド喫茶だ君、知らんのか?」

車内が相当酒臭く成ってきた(私は、結構飲んでるな、面倒くさくなら

ないうちに、降ろしちゃえ。)「ハイッ!では秋葉原に行きましょう」

と走り出すといち1番年を取ったおっさんが「君、メイド喫茶は何をし

てくれるんだ?」私は「きっと、お客さんがお考えの様な事は起こりま

せんよ」少し、驚いたように「何、本当か?うぅーん」(私は、オイオ

イ一体どこまで妄想しちゃったんだ?)おじさんは少し怒った様に「で

は、君は面白い所をしっているんだろうな?」(えっ、逆切れ)仕方な

く「風俗のようなサービスがお望みであれば上野辺りが宜しいかと思い

ますが」するとおじさん「よし、上野へ行ってくれ」上野へ向けて走っ

ている間車内は大盛り上がりで遠足の様にはしゃいでいたおじさんは上

野に着くと急に不安そうに「どこに行けば良いんだ?」(面倒くさいな

ー)「後はお客さんのお好みですからよく案内を聞いて遊んでくださ

い」と不安そうなおじさんを残しさっさと発車した。(おじさん、死な

ない程度に頑張ってね)
posted by ギガボー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。