無審査でゴールドカード

2007年12月26日

三業です!知ってます?

三業地は、一業は料理屋、二業は待合、三業は芸者置屋、この三つを三

業というの。また、その指定された地域があって「三業地」と呼んでい

るだな。

いまは、昭和二十三年から、料亭(料理屋)と芸者置屋の二業やってい

るのが現実。

料亭(料理屋)は宴席をもうけるところで、大宴会向き、小宴会向きの

ほかに、変わった料理、珍しい料理などの料理屋もある。もともと待合

には板前はいないので料理は仕出しをとって、客と芸妓が遊んだり、逢

引するのが茶屋だったが、昭和二十三年に廃止されていまはなくなった

んだ。 

芸妓置屋には自前と抱えがある。自前は自分で家をもっている姐さん、

家をもたずにほかの自前さんの家に名をあずけている看板借りの二通り

がある。

抱えはいっさいを姐さんまかせになっている丸抱えだ着物と帯だけ主人

に用意してもらう、自分は長襦袢と小物を持つ七三抱え、その逆を行く

のが逆七三、五分五分に相談し合う叩き分けなど区別があった。

古くからのしきたりでは、料理屋、待合に客がきて芸妓を呼ぶと店がそ

れを取りつぐ。それを「口かけ」っていう。

誰それを呼んでくれという呼び方が「お名差し」(指名です)だれでも

好いから見計らってくれというのが「帳場がけ」、それも検番でちょう

ど手の空いた人をまわしてもらうことを「検番がけ」という。

前の日から仕切って頼んでおくのが「お約束」、客の居るあいだに引き

下がることは「座敷をもらう」といい、もらえないときに前もって仕切

って置くことを「あと口」という。

ちょっと面倒だけど分かって貰えた?粋な大人の遊び方だから知ってお

くと何かと便利だね。

(三業地はまだ残ってるところがあるからまた今度紹介するね!)


posted by ギガボー at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ウーン! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。